しみ治療の主役はレーザー光線

高齢になってくると、どうしても顔の肌にはしみができてしまうものです。



しみができる原因にはいくつかのものがありますが、代表的なものとしては紫外線の照射が挙げられます。

紫外線をより多く浴びた人は、それだけしみが多く発生しているというデータが残っていますから、予防をしたいならまずは無駄な紫外線を浴びないようにする必要があるでしょう。


ただ、実際に日常生活を送っていると一定量の紫外線は浴びてしまうものです。できてしまったしみに関しては、美容皮膚科で除去してもらうのが一番です。



美容皮膚科では、かなり多種多彩なしみ治療を行っています。
大きく色の濃いしみであっても的確に治療ができる態勢が整えられているので、諦めずに相談をしてみましょう。


しみ治療には基本的にはレーザー光線を使います。



メラニンの色素に反応して、そこに集まる特殊なレーザーを照射して、色素自体を破壊してしまうのです。
こうすることで、破壊された色素は徐々に肌表面へと浮かび上がってきます。
新陳代謝とともに、徐々に色が薄くなっていくという仕組みです。

しみ治療には他にも、メスを使って物理的に切り取ってしまう方法もあります。

これは昔からある方法で、短期間であっという間にしみを消してしまえるので一定の人気があります。
さらに、ケミカルピーリングという手法や、フォトフェイシャルという手法でもしみ治療ができることは知られています。
エステサロンでも一定の施術はしてもらえます。