皮膚科でのしみ治療について

美肌化粧品を使用しても効果が実感できない場合、美容外科などでレーザー治療というのだけがしみ治療の流れではありません。



皮膚科もまたお肌のプロフェッショナルであり、しみ治療を行なってくれるのです。しみ治療というとレーザー、光治療だけではありません。
皮膚科ではまずは外用薬を塗ったり内服薬を服用することで対処するのです。

有効な成分が高濃度で含有されており、市販のシミ消し化粧品以上の効果が得られますが、副作用があるものもあるので必ず処方箋を守るようにしましょう。


外用薬としては、漂白作用が強いハイドロキノン軟膏や、皮膚のターンオーバーを促してくれるトレチノイン軟膏などがあります。内服薬はメラニンの発生を防ぐトランサミンや、抗酸化作用によって色素沈着を緩和するビタミンC誘導体、美白効果の高いL-システインなどを処方され、身体の中から美しくしてくれるのです。



市販の化粧品にも含まれている成分が多いですが、患者それぞれの皮膚を見て処方してくれたもののため効果に差が出来るのです。
ただ、しみの種類はさまざまです。

これらは老人性色素斑やそばかす・肝斑などに効果があると考えられる方法であり、その他の原因でできているしみにはそれぞれに合った治療法を用います。
レーザーなどを使わなければならない場合もあります。

ただ、皮膚科でもやはりレーザー治療など保険の適用はないので注意してください。



肝斑の内服薬など一部のみ適用が認められるのです。